16 4月
2014
Posted in: バイアグラ
By    

シルデナフィル

夜の営みができない

1番最初に登場したED治療薬であるバイアグラは、レビトラやシアリスを差し置いて最も人気の治療薬となっています。
ここれはシルデナフィルと言われる名前で狭心症の治療にも利用されている薬です。

元々、これは狭心症の薬として作られていました。
臨床試験にまで到達しましたが、イマイチ狭心症に対しての治療が上手くいかず回収される事になりました。
その試験に参加していた人からの証言でED治療に関しての効果が得られ、あまりにもEDへの効果を訴える人が多かった事から、方向転換をしてバイアグラが生まれる事になったのです。
これが登場したのは1998年のアメリカであり、当時はマスコミやネット等でも祭り上げられて凄まじい反響を呼びました。
当時ED治療に関しての効果的な薬や治療方法と言う物はありませんでした。
このバイアグラこそが世界で初めてEDの治療薬として利用される事になった為に、発売してすぐに他の国へと個人輸入等の手によって行き渡る事になったのです。
しかし、発売国以外の所へ渡った事により、バイアグラの副作用によって死亡事故が起こる事が多発しました。

日本でもバイアグラによる死亡事故は起こっています。
この薬はニトログリセリンのような硝酸塩薬を利用している場合は相性が悪く、利用してはいけない事になっていました。
しかし、説明を読まずにメリットのみを優先して気軽に服用した人が次々に死亡すると言う事故が起こったのです。
今でも規制は同じですが、バイアグラは血管を拡張して血流を良くし、陰茎に勃起を齎す為の薬となっています。
その為に血管や心臓、糖尿病等によって血圧に問題を抱えている人はバイアグラを利用してはいけません。
無知なまま利用してそのまま腹上死したり、心臓発作を起こしたり、バイアグラを使った後の副作用である急激かつ大幅な血圧の低下によって意識不明になった人もいました。
当時、この薬は新薬中の新薬だったが為に、日本にも成分などの情報があまり入ってきていませんでした。
その為に医師に硝酸塩系の薬を投与されて死亡した人もおります。

このような問題になった事で日本ではバイアグラを正式に販売する為に、そして薬の危険性を伝える為に異例の早さで薬の審査を通し、そのまま1999年には国内販売開始となりました。
しかし、がん治療薬等の検査や試験待ちの薬を抜かしてバイアグラが通ってしまったが為に、別の方面でも贔屓ではないかとの声が上がり問題になりました。

現在では男性用のクリニック等でバイアグラもレビトラも普通に購入する事が出来るようになっています。
簡単な診察をクリアすれば購入可能ですが、糖尿病や心臓病を患っている人は当然利用する事はできません。

16 4月
2014
Posted in: バイアグラ
By    

次々

悩む男性

バイアグラが登場してから続々とED治療薬が発売されるようになり、2番手として登場したのがレビトラです。
これはアスピリン等を開発しているドイツのバイエル薬品です。

国内販売の許可が2001年にで手、2004年に製造販売が許可されています。
今医療機関へ行けば好きに購入する事が出来る治療薬の1つです。
これはバイアグラと同じような効き目を持っており、短期集中型と言われています。
レビトラはバイアグラではあまり効果が得られなかった、相性が悪かった人が利用する薬であり、体質的にこちらの方が合っていると言う人もおります。
この薬も同様に血管や心臓に問題を抱えている人は利用する事ができません。

バイアグラとレビトラは服用する時間や効き目、体調に制限があります。
まず、食べ物の作用を受けやすい為に、満腹の状態で飲まない事、やや空腹か半分程度のお腹の具合で服用しなければ本来の効果を得られない事があります。
また、飲んでから30分程度で効果が現れ、2時間程度しか持続しない為に、利用する時間やタイミングを見計らって使わなければいけないと言う面倒さがありました。
少量であればお酒を飲んでも問題はありませんが、多量に飲酒してからでは危険です。

上記の薬とは全く違う作用をすると言う事で登場した第3のED治療薬があります。
その治療薬はシアリスと言う名前であり、食事の影響はあまり受けません。
更に、効果時間が最大で34時間程度となっており、朝飲めば翌朝になってもまだ効果がある事になります。
これは1日中パートナーとのんびり過ごしたい場合や、タイミングを気にしないで薬を利用したい人が使う物になっています。

デートする日ならば、朝普通に服用していけば夜になってあわてて飲む必要はありません。
また、これはゆっくりと効果が出る為に副作用もほとんど出ません。
勿論、何らかの持病がある場合は利用する事は出来ません。

現在、ED治療薬はこれらの3つが出揃っており、症状やタイミングに合わせて利用しています。
これらの薬を服用しても、性的な興奮を感じなければ勝手に勃起する事はありません。
また、自己負担になる為に少々薬代がかかってしまいますが、バイアグラは2014年で新薬の特許が切れる為にジェネリックバイアグラの登場が期待出来ます。